早稲田『ラーメン  巌哲』”まぐろ”を使用した鮪塩ラーメン

 
ラーメン  巌哲
高田 馬場ラーメン

ラーメン  巌哲

東京都内には様々なラーメンが増えてきた今日この頃。
そんな中、王道でありつつも少し珍しいラーメンを出すお店がこちらの『ラーメン 巌哲』

都電荒川線 早稲田駅から、徒歩2分。
新目白通り沿いにあり、大きく店名の書かれた看板が目印です。
地下鉄 早稲田駅からも10分ほど歩くと見えてきます。

こちらは、大阪 豊中の人気店”麺哲”で修業されていた方が早稲田にて独立したお店。

主なメニューとして”醤油””鮪塩(しびしお)”といったラーメンがあり、他にも限定メニューで様々な創作ラーメンを出すオリジナリティ溢れるお店です。

ラーメン 巌哲 ”醤油ラーメン” 紹介

ラーメン 巖哲 九条ネギ・刻み大葉・海苔・メンマ・チャーシューが添えられた気品漂うような見た目の”醤油ラーメン”

ラーメン  巌哲

鶏ベースに鰹が主張するそのスープは、スッキリとして奥行きのある醤油との相性が良く、上品で和風な味わいを出しています。

ラーメン  巌哲

麺は多加水の”自家製中細ストレート麺”
こちらは、麺をスープに一番合う状態で提供するため「麺硬め等お断り」とのことで、様々な麺へのこだわりがあるそうです。

平ザルで上げられたこの麺は口当たりが非常に滑らか。
このスープに恐らく一番マッチしている麺であるように思えます。

またチャーシューは、分厚い豚肩ロースで歯ごたえがあり、まさに”肉”といった感じのチャーシューです。

ラーメン  巌哲

”鮪塩(しびしお)ラーメン”紹介

ラーメン  巌哲

そしてこのお店の人気・看板メニューでもある”鮪塩(しびしお)”

”鮪(しび)”とは、関西ではマグロのことをそのように呼ぶそう。
まさに関西のお店出身の店主さんならではの発想で、こちらのお店の看板メニューとして多くの人気を得ています。

とても澄んだ見た目の塩ラーメン。
麺や具材は醤油のものに、ほうれん草、またなんと”鮪のソテー”が加わっています。

ラーメン  巌哲

スープですが、「醤油」と同じく鶏ベースのものに、こちらの「鮪塩」では鮪節などの出汁が合わさった”Wスープ”

鶏による動物系に鮪節や昆布の味がマッチし、さらに大葉の風味もほんのりと香り、さっぱりで優しい仕上がりになっています。

しかし上品で控えめにも見える印象とは裏腹に、しっかりとコクが出ていて物足りなさを感じさせません。
また麺と決してぶつからず、むしろ麺がより際立つようなこのスープは『巌哲』ならではのスープと言えるでしょう。

ここで”鮪のソテー”
鮪ですが、臭みを感じさせません。

これはなんとソテーするだけでなく、日本酒でフランベしているそうです。
火を通し日本酒でフランベすることで臭みを消し、これにより繊細なスープの邪魔をせず、この塩ラーメンの存在感を増しています。

こちらの『巌哲』では、毎週金土の夜限定で創作塩つけ麺を出しており、また他にも様々な限定メニューで創作ラーメンが出されています。

ベースとなるオリジナリティのあるラーメン、そして更なる創作ラーメン。
このように、常に試行錯誤と進化が感じられるお店は中々無いのではないでしょうか。

ラーメンを食べ終えると帰り際に、店主さんが「おおきに!」と言ってくれるところから気さくな雰囲気も感じられるお店です。

ラーメン  巌哲 メニュー

ラーメン  巌哲

醤油

醤油:820円
肉醤油:1000円
薄切肉醤油:1000円

鮪塩:990円
肉塩:1170円

※他麺類多数あり。

店舗情報

住所

東京都新宿区西早稲田1−10−4

交通手段

都営荒川駅 早稲田駅 徒歩2分
東京メトロ東西線 早稲田駅 徒歩10分

営業時間

【火〜土曜】
11:30〜14:30
18:00〜21:00

【日】
11:30〜15:30

定休日

月曜日

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。