高田馬場『さっぽろ 羅偉伝』本場の味を楽しめる札幌味噌ラーメン

 
さっぽろ 羅偉伝
高田 馬場ラーメン

さっぽろ羅偉伝

JR高田馬場駅から早稲田通りを小滝橋方面へ向かって6分ほど行った右側に『さっぽろ 羅偉伝』があります。

『さっぽろ 羅偉伝』は、札幌に行かなくても本場の”札幌味噌ラーメン”を堪能できるお店です。

札幌の味噌ラーメンといえば”純すみ系”と呼ばれる味噌ラーメンが人気です。

昭和39年に村中明子氏創業の「純連(すみれ)」、そしてその後継である「純連(じゅんれん)」「すみれ」、またその味を受け継いでいるラーメンを総称して呼びます。

東京でも非常に人気のあるラーメンで、元々高田馬場には「純連(じゅんれん)」の支店である「さっぽろ純連(じゅんれん) 東京店(2014年9月閉店)」がありました。

東京であの「純連」が食べられる、ということで行列のできるお店として長年営業されていました。

今回ご紹介する『さっぽろ 羅偉伝』は、「純連」の店長だった方が「純連」の閉店後、すぐその跡地にオープンしたお店です!

店内はカウンターのみで、14席あります。

メニューは基本的には「純連」と同じですが、その頃と違い”濃厚みそらーめん”がメニューに加えられています。

羅偉伝 ”みそラーメン” ”濃厚みそラーメン”紹介

『さっぽろ 羅偉伝』の顔!”みそラーメン”と新しく加えられた人気メニュー”濃厚みそラーメン”をまとめて紹介したいと思います!

味噌ラーメン

こちらは安定の人気を持つ”みそラーメン”

濃厚味噌ラーメンそしてこちらは、旨味が凝縮された”濃厚みそラーメン”

作り方は、ラードと味噌を強火で炒め、豚足やゲンコツなどのスープと混ぜ合わせる、いわゆる”札幌味噌ラーメン”です。

動物系のダシと味噌が非常に濃厚でコクのある旨味を出していて、膜を張ったラードによって熱々のまま味わうことができます。

札幌味噌には欠かせない玉ねぎや挽き肉、もやしなども、スープの味が染み込んでさらに美味しく感じられます。

麺は札幌ラーメン王道の”森住製麺”で、中太縮れ卵麺。硬めに茹でられており、加水率高めのプリプリで黄色の卵麺は、まさにスープとの相性バツグンです!

さらに”濃厚みそらーめん””みそらーめん”と違い生姜が控えられ、代わりに酒粕によってスープにとろみと濃厚さがより増しているようです。

野菜も玉ねぎやもやしだけでなく、ニンジンやキャベツ、ニラにキクラゲ、万能ねぎなども入っています。

あの「純連」の味が味わえるだけでなく、新メニューも柱として、東京の味噌ラーメン屈指のお店であると言えるでしょう。

さっぽろ 羅偉伝 メニュー

みそラーメン:800円
濃厚みそラーメン:880円
辛みそラーメン:900円
みそタンメン:850円
醤油ラーメン:780円
しおラーメン:780円

店舗情報

住所

東京都新宿区下落合3-12-8 高田馬場センタービル 1F

交通手段

JR高田馬場駅 徒歩6分

定休日

定休日なし

営業時間

11:00~22:30

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。