西早稲田『鶏そば なんきち』博多水炊きから生まれたラーメン

早稲田 ラーメン

西早稲田『鶏そば なんきち』

2015年に西早稲田にオープンした『鶏そば なんきち』。
早稲田通りと明治通り交差点から1分。西早稲田駅から徒歩5分の場所にあります。

店前にはメニューの説明が書かれた看板が出ています。
最近Twitterなどでも”煮干しラーメン”を押しているみたいですね!

鶏そば なんきち

入口の左手に券売機が設置してあります。そちらで購入し、案内された席に着きます。

お冷は各席に置いてあるお冷ポットから自分で注ぐセルフスタイル。

鶏そば なんきち

店内はカウンター7席、テーブルが4人掛けと2人掛けが各1卓ずつ設置されています。

ランチタイムはご飯無料と嬉しいサービスが!

鶏そば なんきち
卓上調味料は、塩ダレ、柚子胡椒、ブラックペッパー、辛子高菜。

こちらのお店『鶏そば なんきち』は、広島県三原市宗郷に本店があります。
博多水炊きのお店で働いていた店主が”博多水炊き”からヒントを得て作ったのが始まり。

圧力鍋を使って鶏を惜しみなく使用して作った無化調スープが特徴です。

鶏をこよなく愛する店主が作るラーメンは現在は”3タイプ”用意されています。

鶏そば なんきち”鶏白湯醤油”
”鶏そば”
”煮干しそば” 
どれも魅力的ですね!

化学調味料一切使わず鶏ガラをたっぷり炊き上げて作ったスープはコラーゲンもたっぷりカルシウム、ビタミンも含まれいるので女性にオススメです。

鶏そば なんきち ”鶏白湯醤油” 紹介

鶏そば なんきち

こちらは“鶏白湯醤油”
コクがありスープに旨味が凝縮されている優しい味。
ご飯をいれて最後まで残す事なく堪能できます!

麺は、”福岡県うきは市の小麦”を使用。

醤油は本店のある”三原市の実広醤油”、塩は”伯方の塩”を主に使用しています。

スープは比較的あっさりとした鶏白湯で、醤油の風味がほのかに香る程度で上品で優しい味わい。

トッピングには、チャーシュー・鶏ハム・メンマ・水菜・赤玉葱・ナルトが彩よく盛りつけられています。

では最後に『鶏そば なんきち』の生みの親、南 和則さんの直筆メッセージを載せておきます。ラーメン一杯に込める熱い思いが伝わってきますね!

鶏そば なんきち

鶏そば なんきち メニュー

鶏そば なんきち

鶏白湯醤油:780円
鶏白湯醤油(味玉):850円

鶏そば:750円
鶏そば(味玉):820円

煮干し塩そば:730円
煮干し塩そば(味玉):800円

濃厚煮干しそば:850円
濃厚煮干しそば(味玉):920円

店舗情報

鶏そば なんきち

住所

東京都新宿区西早稲田3-27-25 石上ビル1F

交通手段

東京メトロ副都心線 西早稲田駅 【1番出口】徒歩5分
JR山手線 高田馬場駅 徒歩10分

営業時間

【昼】11:00〜15:00
【夜】18:00〜22:00

定休日

月曜日

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。