駒込『麺屋 ごとう』誰もが知るあの名店で修行した店主の一杯

 
麺屋ごとう
駒込 ラーメン

麺屋 ごとう

「東池袋大勝軒」と言えば、つけ麺の親と言われる山岸一雄氏による伝説のお店であり、ラーメンの歴史を語る上で外せない存在。

そんな「東池袋大勝軒」のスタイルを受け継ぐお店の中でも、ラーメンマニアには特に人気のお店の一つで駒込の名店、「麺屋 ごとう」

こちらは、1998年に池袋にてオープンしました。
もともと兄弟で切り盛りされていて、なんと独立前から兄弟で「東池袋大勝軒」で修業されていたそうです。

そして、2014年4月に池袋での営業を終了してしまいましたが、3カ月が経過した同年7月、現在の駒込に移転されました。

また池袋時代は半地下にあった「麺屋 ごとう」ですが、なんと駒込に移転しても変わらず半地下にありました。

そんな「麺屋 ごとう」は、山手線”駒込駅”南口から徒歩2分

席数は全部で12席となっており、8席のL字カウンターと、4席のテーブルが1卓です。

麺屋ごとう

また、テーブル席側には製麺室があり、ガラス窓から中の様子が伺えます。
ラーメンマニアの方にはたまらない要素の一つではないでしょうか。

麺屋 ごとう ”ラーメン” 紹介

麺屋ごとう

メンマ、海苔、刻みネギ、煮卵、チャーシュー2枚といった具材。
茶色く濁ったそのルックスからは、やはり「東池袋大勝軒」を受け継ぐ様が見受けられます。

麺屋ごとう

スープは豚骨、鶏ガラといった動物系が強く、まろやかでとろみのあるテイスト。
ほんのりと煮干し、鯖節などの魚介が奥行きを出しているようです。

 

また、池袋時代よりも動物系が少し強くなったように感じます。
カエシとのバランスも良く、全体的に丸みがあるマイルドさが特徴であると言えるでしょう。

麺は中太ストレートで多加水な自家製麺。
麺量は多目で、並盛で300gほど。

麺屋ごとう

柔らかでもっちりとした口当たり、ふっくらとしていながらコシのある弾力。

噛み締めるたびに麺の旨みが感じられる、さすがの自家製麺です。

チャーシューは、脂身は少ないですがホロっと柔らかく歯切れも良い逸品。

麺屋ごとう

肉の味がしっかりと出ており、どっしりとした麺やスープに負けず十分に存在感を放っているようです。

「東池袋大勝軒」を受け継ぐお店の中でも特に注目を浴びる「麺屋 ごとう」
移転後も変わらず愛され続けている、まぎれもない名店です。

麺屋 ごとう メニュー

麺屋ごとう

ラーメン

ラーメン:750円
ラーメン《大盛》:850円
チャーシューメン:1000円
チャーシューメン《大盛》:1100円
わんたんメン:950円
わんたんメン《大盛》:1050円

特製もりそば(つけめん)

特製もりそば:750円
特製もりそば《大盛》:850円
もりチャーシュー:1000円
もりチャーシュー《大盛》:1100円
もりわんたん:950円
もりわんたん《大盛》:1050円

あつもり(麺の熱いつけめん)

あつもり:750円
あつもり《大盛》:850円
あつチャーシュー:1000円
あつチャーシュー《大盛》:1100円
あつわんたん:950円
あつわんたん《大盛》:1050円

麺屋ごとう

店舗情報

住所

東京都豊島区駒込1-39-5 駅前Sビル B1F

交通手段

JR山手線【駒込駅】北口 徒歩2分
東京メトロ南北線【駒込駅】徒歩2分

営業時間

【月~金】
11:00~15:00/17:30~21:00
【土】
11:00~15:00
【祝】 
11:00~15:00/17:30~20:00

定休日

日曜日

 

ピックアップ記事

東京ラーメン

ラーメンライター : 後藤 健太

中学生の頃にラーメンにハマり、気付けば毎日食べ歩くほど15年。有名無名関係なく自分が本当に美味しいと思うラーメンを求め、まだまだ未熟ながら奥深さを感じ日々食べ続けています。ラーメンは365歩のブルース。