目黒『麺屋 藤しろ』大山地鶏と仔羊から生まれる鶏白湯ラーメン

 
麺屋 藤しろ
目黒 ラーメン

麺屋 藤しろ

2012年7月に目黒にオープンした『麺屋 藤しろ』

目黒駅西口を出て目黒通りを降る途中にサンマルクカフェがあり、その横のビルの一階奥の右手に『麺屋 藤しろ』があります。
麺屋 藤しろ
歩道に出ている看板が目印です。
麺屋 藤しろ
駅から徒歩2分とアクセスが良いのが魅力的。
入口の外に小さめな券売機があり、そちらで購入。
英語メニューもあり、海外の方を多く目にする目黒にはもはや必須アイテムですね。
麺屋 藤しろ
店内はL字型カウンターに11席設置してあります。
お冷は用意されてあるグラスに自分で注ぐセルフスタイル。
麺屋 藤しろ
そして箸はなんと、割り箸とエコ箸の2種類を用意。
麺屋 藤しろ
ラーメンは麺がすべるから割り箸や、環境の為に…とか、潔癖だから。など、食べる方によって理由は異なるかと思いますが、きっと店主は今まで色んなタイプのお客さんを接客されたのかと思われます。
東十条にある有名ラーメン店、”麺処 ほん田”で1年間修業された店主の工藤泰昭さん
元フレンチ・イタリアンのシェフと言うジャンルの違う料理をされていました。
フレンチをやっていたからこそ持っている知識や経験は強みですね!
『麺屋 藤しろ』は、現在目黒店の他に、三元茶屋にも展開しています。

麺屋 藤しろ ”鶏白湯味玉ラーメン” 紹介

麺屋 藤しろ

スープには、鶏ガラ・大山地鶏の丸鶏や、仔牛の骨・牛スジ肉をローストしたものが入っているとのこと。

手間をかけているだけあり、牛の旨味とコクが出ており、『藤しろ』ならではの”鶏白湯スープ”が完成。さらに香味油の香ばしい風味が絶妙。

ラーメンの決め手の”かえし”には、厚削り節・煮干などを惜しみなく使用。
化学調味料は不使用にもかかわらず、輪郭のはっきりとしたコクのあるスープに仕上がっています。

濃度のあるスープは食材に接触している部分の温度が下がりやすいため、あえて白髪ネギなどを使わず、適度に火の入る京都九条ネギを使用しているそうです。 

麺屋 藤しろ 麺はなんと2箇所の製麺屋さんから取っています。
ラーメン麺は、 ”菅野製麺”
つけ麺は、”心の味食品”の麺を使い分けしています。
麺屋 藤しろ
チャーシューは低温二段仕込みで時間をかけて丁寧に作られています。
柔らかくしっとりしており、肉の旨みがしっかりと閉じ込められています。
麺屋 藤しろ
卓上調味料は充実しており、丁寧に説明書きも貼られています。
【生姜レモン】
ラーメンを食べている途中で少量入れて見て下さい。サッパリとした味になり、また新鮮な感じでいただける様になります。ラーメンにおすすめ!!
【唐辛子粉】
辛味好きには欠かせない。唐辛子の風味も非常に良く合います。
【卓上スープ割り】
つけ麺を食べ終わった後にそのまま飲むのは塩辛いので、スープにお好みの量で割ってください。最後にスープを堪能していただけます。
【ニンニク】
お好きな方はたまらない。お好みの量をどうぞ。
【ブラックペッパー】
少し入れていただくことで、味が締まります。相性は抜群。
とのことです。是非参考にして見て下さい!

麺屋 藤しろ メニュー

麺屋 藤しろ

ラーメン

鶏白湯味玉ラーメン:850円
鶏白湯ラーメン:750円
鶏白湯特製ラーメン:980円

つけ麺

鶏白湯味玉つけ麺:870円
鶏白湯つけ麺:770円
鶏白湯特製つけ麺:980円

店舗情報

住所

東京都品川区上大崎2−27−1 サンフェリスタ目黒

交通手段

JR山手線 目黒駅 徒歩2分

営業時間

【月〜土曜】11:00〜23:00

【日】11:00〜18:00

定休日

無休

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。