高田馬場『屋台らーめん 鷹流』ワイルド店主が創る美肌ラーメン

屋台らーめん 鷹流
高田 馬場ラーメン

屋台ラーメン 鷹流

屋台らーめん 鷹流

あっさり・ヘルシーを突き詰めた塩ラーメン。

『鷹流』では、そんなラーメンが味わえます。

屋号にある”屋台らーめん”は大久保にあった屋台「鷹流号」の頃からのもの。

今は色々な事情で無くなってしまいましたが、『鷹流』は台湾にも支店を出しています。

こちらの出すラーメンは、美肌を一番に考えたラーメンだそうで、コラーゲンをたっぷり、脂分(油分)を控えめにしているそうです。

”ラーメン一杯に使用する香味油等の使用量は通常のあっさり系のラーメン屋さんの約6分の1(約小さじ1杯)つけめん・あえそばは(約大さじ1杯)”とのこと。

さらに、出来る限り無化調で添加物・着色料の無いものにするということを心がけているそうで、聞いているだけでもそのヘルシーさが伝わってきます。

高田馬場店のこちらでは、”白鶏麺(パイチーメン)”という、このお店ならではのラーメンが特徴です。

”白鶏麺”とは、店主が幼少時によく食べた台湾夜市の屋台料理”鶏飯チーファン(台湾風鶏めし)”の風味を思考錯誤の上、日本人向けのラーメンに仕上げたものだそう。

特製コラーゲンスープに漬けた蒸し鶏を千切りにしてトッピング、美肌に最適のコラーゲンがたっぷりスープに入った女性向けのヘルシーであっさりとしたラーメンです。

屋台らーめん 鷹流 ”白鶏麺” 紹介

 屋台らーめん 鷹流

透明で透き通ったスープに、数々の具材で彩りのあるラーメン。

スープのベースである鶏清湯に、鶏油、さらにチャーシューは蒸し鶏。まさに鶏尽くしの様が見受けられます。

また台湾竹の子や金針菜といった珍しい具材も添えられており、『鷹流』ならではのラーメンが表現されています。

屋台らーめん 鷹流

スープには刻み玉ねぎ、ゴマ、生姜、ブラックペッパー、焦がしニンニクチップなどが入っています。

スープ自体はすっきりとした鶏ダシ。鶏の旨味にブラックペッパーと生姜のアクセント、さらに玉ねぎの風味が加わり、あっさりながらも決して飽きの来ないラーメンといえるのではないでしょうか。

また、麺は細ストレート麺。

屋台らーめん 鷹流

こちらは麺にこだわっているようです。

これは、五穀を独自にブレンド配合した”健身五穀麺”という自家製麺。

五穀を独自にブレンド配合したもので、《北海道産小麦(全粒粉)・デュラムセモリナ粉・白玉粉(もち米)・大豆(豆乳)・黍(キビ)・粟(アワ)》が入っているそうです。

五穀の割合は季節によって変えているようで、麺へのこだわりがより見受けられます。

卓上には、ナンプラーやシークワーサー胡椒、オリーブオイルに黒胡椒など様々な調味料が置かれており、好みに合わせて味の変化が楽しめるように配慮がされています。

屋台らーめん 鷹流

またこちらのお店では様々な企画をやっているそうです。

毎月11日に一番人気メニューの

”白鶏麺”の売り上げ全部を震災復興に寄付する『がんばって~東北企画!!』や、

小学生以下のお子様は”白鶏麺”が無料になる『児童虐待を無くそう!!企画』などがあります。

店主さんの素晴らしい内面やお気持ちが心に強く沁みます。

屋台らーめん 鷹流 メニュー

屋台らーめん 鷹流

味玉白鶏麺:880円
白鶏麺:780円
鶏塩レタスつけ麺(おじやライス付き):850円
鶏塩煮干しらーめん:780円

【夜の部 限定】
濃厚白鶏麺:850円

屋台らーめん 鷹流

店舗情報

住所

東京都新宿区高田馬場4−17−17

交通手段

JR山手線 高田馬場駅(早稲田口) 徒歩6分
西武新宿線 高田馬場駅(早稲田口) 徒歩6分

営業時間

平日ランチ 11:00〜14:30
平日夜の部 18:00〜23:00
日曜・祝日 11:30〜20:00

※スープや材料切れの際終了。悪天候な場合も営業終了する事有り。

定休日

不定休

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。