西武新宿線『食堂 七彩』素材の味を大切にする無化調らーめん

食堂 七彩
西武新宿線 ラーメン

食堂 七彩

西武新宿線『都立家政駅』を降りてLAWSONやpeacock側の商店街側の改札口から徒歩2分
向かいには“博多ラーメン ばりこて”があります。

七彩

食堂七彩は半地下になっていて、入って左手に食券機があります。

席はL字のカウンター9席。
店内は明るく色んな調味料やギフトにピッタリな”麺や七彩オーガニックヌードル”などが販売されています。

『麺や 七彩』という店名でしたが今は『食堂 七彩』にリニューアルされました!

こちらは店主が二人という珍しい経営スタイル。
20代の時にイタリアンのFCで出会い意気投合し出店、そしてラーメン・オブ・ザ・イアーの最優秀新人賞を受賞したりと評価されているラーメン屋で、八丁堀にも店舗を構えており、そちらは『麺や 七彩』の店名で営業されています。

化学調味料無添加の喜多方ラーメンや稲庭中華そば食べることができます。

厨房の中には”食堂七彩 理念7条”

一、生産者とお客様を繋ぐ橋渡しの役目を果たす。
一、素材を学び、素材から学ぶ。
一、美味しさを通じて感動を提供する。
一、恥ずかしがらず真面目を実行する。
一、食文化を重んじ、後世に伝える。
一、個性を生かし、お客様に善を尽くす。
一、無心で料理に向き合い没頭する。

といった紙が貼られています。”食”について深く考え大切にされているのがわかりますね!
とても素敵です!

食堂 七彩 ”喜多方ラーメン”紹介

注文を受けてから麺を手打ちするという独自のスタイルで、並・中・大がどれも同じ価格というのが嬉しいポイントです。

醤油と塩から味が選べます!

見た目はいたってシンプルの昔ながらの中華そばといった感じ。

化学調味料無添加の鶏と煮干しの出汁はとても優しい味で旨味が丁寧に出ている上品な仕上がりです。

トッピングは、豚のモモとバラのチャーシューが二種類、ブラックペッパーが効いた細切りメンマ、ねぎが盛り付けられています。

麺は平打ちの太縮れ麺。モチモチした食べ応えのある麺です。

七彩

ラーメン=ジャンクフードのイメージがある方には少し物足りないかもしれませんが、体に優しい老若男女に好まれる、そんなラーメンです。

食堂 七彩 メニュー

※並・中・大、同価格。

純手打 喜多方らーめん(醤油・塩):820円
喜多方らーめん(肉):1070円
喜多方らーめん(type-SA) :820円
喜多方らーめんtype-SA(肉):1070円
稲庭 中華そば(醤油・塩・味噌):820円

稲庭 中華そば(肉):1220円

担々麺(汁有or汁無):970円、

香菜担々麺:1120円
つけ麺(醤油):870円

店舗情報

住所

東京都中野区鷺宮3-1-12

交通手段

西武新宿線 徒歩2分

定休日

第3火曜

営業時間

11:30-15:00/18:00-24:00頃
11:30-24:00頃・・・土
11:30-22:00頃・・・日・祝
※営業時間が時折変わるので、電話等で要確認。

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。