早稲田『紅蓮』早稲田大学近くの極上海老つけ麺

 
紅蓮
早稲田 ラーメン

紅蓮

都の西北 ”早稲田大学”

早稲田大学から近くのラーメンといえば、特に早稲田生の多くから挙がるであろうお店の一つがこちら、『紅蓮』

都電早稲田駅から歩いて5分ほど、地下鉄早稲田駅から歩いて10分ほどのアクセス。
早稲田大学 大隈講堂のすぐ近く、早大通り沿いにあります。

大きく『紅蓮』と書かれた赤い看板が目印です。読み方は”ぐれん”。

もともとは東京都福生市にあった人気店”らーめん 雫”の店主さんが休業後、早稲田にて『紅蓮』を開業されました。

”らーめん 雫”は鶏白湯を出すお店として有名で、このお店のカップ麺が発売されるなど、鶏白湯ブームをさらに勢いづけるような人気店でもありました。

一方こちらの『紅蓮』は、海老つけ麺のお店として営業されています。

紅蓮 ”極上海老つけ麺” 紹介

紅蓮

提供された時からすでに香ばしい海老の香りが漂ってくるほど、海老の風味が全面に出ているつけ汁。またこれは器ごと熱しているようで、グツグツと沸騰しています。

まさに店名『紅蓮』のからイメージできるように、アツアツなまま食べることができます。
※紅蓮とは‥燃え上がる炎の色の例え(他にもあり)

濃厚な動物系を土台としていますが、重い厚みというよりもむしろキレのあるようなスープの上で海老のコクが際立ち、全体としても海老の存在感がしっかりと感じられるつけ汁です。

紅蓮

こちらの麺は茹で時間に10分かかるほどの、国産小麦100%の多加水極太麺。

紅蓮

しっかりと茹でられたその麺は、ちょうど良いコシのある歯ごたえで滑らかさもあり、ツルツルモチモチといった食感が特徴的です。濃厚なつけ汁に合わせたこの麺の組み合わせ。
海老の風味に包まれながらも麺が負けていない、バランスの取れた海老つけ麺となっています。

そして中には豚バラチャーシューが2枚。

紅蓮

味がしっかり付いたメンマが入っています。

紅蓮

麺は”並”・”中”同価格。食べ応えもありコスパ◎

特に海老好きの方は、ぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか。

紅蓮 メニュー

紅蓮

極上海老つけ麺(並):790円
極上海老つけ麺(中):790円
極上海老つけ麺(大):890円

海老の雫 らーめん:750円

香味油そば(並):600円
香味油そば(大):600円
香味油そば(W):700円

海老マヨ油そば(並):700円
海老マヨ油そば(大):700円
海老マヨ油そば(W):800円

店舗情報

住所

東京都新宿区早稲田鶴巻町517

交通機関

都電早稲田駅 徒歩5分
東京メトロ早稲田駅 徒歩10分

営業時間

【月〜金曜】
11:00〜13:00
17:30〜22:00

【土】
11:00〜13:00
17:30〜21:00

定休日

日・祝

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。