新宿『麺屋 翔』東京代表”塩ラーメン”の有名店

 
麺屋翔
新宿 ラーメン

麺屋 翔

新宿駅西口から徒歩9分。
新宿西口から大久保方面に歩き、小滝橋通りを一本路地に入った所に佇むお店『麺屋 翔』
客席はカウンター12席。
厨房には各ポジションに1人、ピーク時には5人体制で営業をしています。

麺屋 翔
卓上にはエプロンも用意されています。調味料はギャバンのブラックペッパーのみ。

麺屋翔

そしてこちらは毎月15日に発行される”麺屋翔新聞 ショータイム”。

お店の情報やスタッフ紹介、ラーメン雑学など読み応えありの面白い新聞です!
行った際には是非手に取って見てくださいね。

麺屋翔

”麺屋 翔”が今に至るまで

『池袋ひかり町ラーメン名作座』2004年2月3日にオープンしました。※ラーメンをテーマとする複合施設。

そちらに2005年11月1日に『麺屋翔』として出店しましたが施設が2006年2月に閉店。

その後、2007年4月に西新宿に『麺屋翔』がオープンしました!

なかなか軌道に乗れず苦戦していた大橋店主の元にテレビ東京”愛の貧乏脱出大作戦”(2011/2放送)の企画の話が耳に入り、今のままではいけない!と思った大橋店主は出演する事に。

その中で“麺屋こうじグループの田代浩二さん”からラーメン経営者としてのいろはを叩き込まれたそうです。

そして、東十条の”麺処 ほん田”の本田店主からは、ラーメンの味について教えてもらい、今の『麺屋 翔』の味のベースが完成!

今では東京の人気ラーメン屋『麺屋 翔』となりました。

麺屋 翔 ”香彩鶏だし特製塩ラーメン”紹介

麺屋 翔

スープには鶏だけを使用した清湯スープ

特製塩ラーメンのトッピングには2種のチャーシューに2種のワンタン、味玉、水菜、ネギが盛り付けられています。
スープを飲んでみると、鶏の芳醇な香り、さらに味は旨味と甘みが出ており、輪郭しっかりしています。

麺は”管野製麺のストレート細麺”を使用。

麺屋 翔

つけ麺、鶏白湯ラーメンの麺、塩ラーメンと醤油ラーメンの麺と3種類使い分けをされています。

“麺処 ほん田”本田店主直伝の”吊し焼きバラ”は肉のジューシーさがしっかりあり香ばしく絶品。

香彩鶏だし特製醤油ラーメン

麺屋翔

塩ラーメンのイメージが強い『麺屋 翔』ですが、”香彩鶏だし特製醤油ラーメン”も負けていません!”カエシ”には3種類の生醤油をブレンドし、塩ラーメンにはない”海苔”もトッピングされています。

麺屋 翔 メニュー

麺屋翔

香彩鶏だし塩ラーメン:790円
香彩鶏だし味玉塩ラーメン:890円
香彩鶏だし塩チャーシューメン:1040円
香彩鶏だし特製塩ラーメン:990円

醤油

香彩鶏だし醤油ラーメン:790円
香彩鶏だし味玉醤油ラーメン:890円
香彩鶏だし醤油チャーシューメン:1040円
香彩鶏だし特製醤油ラーメン:990円

鶏白湯

鶏白湯ラーメン:790円
鶏白湯味玉ラーメン:890円
鶏白湯チャーシューメン:1040円
鶏白湯特製ラーメン:990円

鶏白湯つけ麺:790円
鶏白湯味玉つけ麺:890円
鶏白湯チャーシューつけ麺:1040円
鶏白湯特製つけ麺:990円

麺屋翔

店舗情報

住所

東京都新宿区西新宿7-22-34

交通手段

JR各線 新宿駅 【西口】 徒歩9分

営業時間

【平日】
11:00〜15:00
18:00〜23:00

【土・日・祝】
11:00〜15:00
17:00〜21:00

定休日

無休

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。