西荻窪『三ちゃん』昔懐かし荻窪ラーメン

三ちゃん
西荻窪 ラーメン

三ちゃん

西荻窪駅の南口を出て徒歩3分の場所にある『三ちゃん』
裏路地に入る手前に控えめの看板があリます。

三ちゃん裏路地を見ると、30mほど先にあるオレンジ色のオーニングテントが目印になります。
三ちゃん店内に券売機はなく、食後に席でのお会計になります。

客席はカウンター8席。BGMは流れておらず、お店の角にテレビが設置されています。

三ちゃん

店内の壁に貼られているメニューから選びます。

三ちゃん

ラーメン以外の麺類も充実しています。チャーハンや餃子、お酒もあります。

仕事終わりに軽く一杯飲んで食べて帰れるのが良いですね!

三ちゃん

他にも杉並保健所が認定しているヘルシーメニューもあります。

野菜もたっぷり100g以上入っており、塩分量や1日に必要な栄養素1/3以上など条件を全てクリアしているメニューです。

こちらのお店は、荻窪の本店『荻窪の味 三ちゃん』で元々働いていた店主が独立する際に、お店の屋号を貰ったそうです。

荻窪の本店『荻窪の味 三ちゃん』は、創業は昭和35年。
親子二代に渡ってやっている歴史あるお店です。

ちなみに荻窪の本店『荻窪の味 三ちゃん』は、”輪るピングドラム”というアニメに
登場する『荻窪の味 リナちゃん』というラーメン屋として何度か登場しています!

三ちゃん ”ラーメン” 紹介

三ちゃん

『三ちゃん』は、バブル期に巻き起こったラーメンブームで、テレビや雑誌等のメディアを通じてたびたび紹介された”荻窪ラーメン”の部類に入ります。

荻窪ラーメンが全国的に知られるようになったのは、
1987年に、東洋水産が”荻窪ラーメン”という商品を発売し、CMでも宣伝され、荻窪ラーメンはどんどん全国的に知名度が高くなりました。
”荻窪ラーメン”は、スープ鰹節や煮干しといった魚介系スープが基本とされ、濃口醤油を使用しています。
鶏ガラや豚骨といった動物系スープを合わせる店もあります。

”三ちゃん”は豚骨と鶏ガラを香味野菜と一緒にじっくり煮込んだあっさり味の醤油が香る醤油ラーメンです。

三ちゃん

麺は、軽くウエーブがかった中細麺
こちらの麺は練馬区にある”峯岸製麺所”のものを使用しています。
夫婦二人でお店に卸しているという地元に特化したお店です。麺の他にも人気メニューの”ワンタンメン”の雲呑の皮も作っています。

こちらが”ワンタンメン”です。

三ちゃん注文してから包んで作られる”ワンタンメン”。ワンタンのツルッとした柔らかい皮が口の中でとろけます。

他のトッピングは、ネギ、チャーシュー、メンマが盛り付けられています。
しっかり火が入った硬めのチャーシューや、存在感ある海苔の風味、柔らかめに茹でられた麺‥

昔どこかで食べたような、、そんな懐かしさが 一気に押し寄せてくる味です。

三ちゃん メニュー

ラーメン:600円
ワンタン:600円
ワンタンメン:650円
タンメン:650円
もやしそば:650円
みそラーメン:650円
チャーシューメン:750円
スタミナラーメン:750円

※他にもご飯もの、ドリンク多数あります。

店舗情報

住所

東京都杉並区松庵3-38-20

交通手段

JR中央線 西荻窪駅 【南口】 徒歩3分
JR中央総武線 西荻窪駅 【南口】 徒歩3分

営業時間

11:30-21:30

定休日

火曜日

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。