浅草橋『らーめん 福龍』名店”すみれ”出身店主が作る純すみ系味噌ラーメン

 
らーめん 福龍
浅草橋 ラーメン

らーめん福龍

味噌ラーメンには、北海道は札幌の「純連」・「すみれ」というお店を始めとし、今では全国的に広まった”純すみ系”というジャンルがあります。

そんな純すみ系の味噌ラーメンが食べられるお店の1つが、浅草橋にもあります。

浅草橋駅より徒歩1分ほどの路地にあるのはそのお店、『らーめん 福龍』
読み方は”ふくろう”

こちらは、現在は閉店された札幌味噌の名店「すみれ」の京都店の出身の方によるお店です。

店内は、カウンター8席、また2人掛けテーブルが5つで計18席です。

また、メニューには「味噌」だけでなく、「醤油」「塩」「昔風(夜限定)」などもあります。

らーめん福龍 ”味噌” 紹介

らーめん福龍
黄土色の味噌にラードの浮いた、純すみ系のルックス。

具には、純すみ系などの札幌味噌には欠かせないもやしや玉ねぎ、それに細切りネギ、メンマなど。
チャーシューの上には生姜が乗せてあります。

純すみ系の中では比較的さらっとしたスープで、濃厚な味噌の広がりと強めの塩気が特徴的。

らーめん福龍
動物系のコクに玉ねぎの甘みがマイルドさを出しています。
また、ラードで膜を張ったスープはアツアツなところが堪りません。

さらに、生姜を溶かすとより純すみらしさが増します。
黒胡椒もピリッと効いていて、いいアクセントとなっております。

全体的にきっちり濃厚、だけどしつこくない、すっきりとしたスープです。

また麺ですが、純すみ系といえば「森住製麺」による麺を使用することが多いですが、こちらは「森住製麺」を使用せず、「浅草開化楼」の特製麺を使用しております。

らーめん福龍

固めな中太縮れ麺で、一際目立つ存在感。
低加水な分スープとの絡みが増し、スープの良さをさらに麺が引き出しているようです。

ゴワッとした舌触りやワシワシとしたコシ、小麦感も出ており、純すみ系とはまた太さや食感の違うテイストが味わえます。

チャーシューはホロっとほぐれる豚バラチャーシュー。
柔らかめな食感と肉の旨みがグッド。
スープに浸るとまたいい塩梅の味になります。

らーめん福龍

純すみ系でもあり、独自のテイストを取り入れている味噌ラーメン。
味噌ラーメンが好きな方、純すみ系が好きな方。どちらにもおすすめできる一店です。

らーめん福龍 メニュー

らーめん福龍

らーめん

味噌:720円
味噌大盛り:820円

醤油:720円
醤油大盛り:820円

塩:720円
塩大盛り:820円

【夜限定】
昔風:720円
昔風大盛り:820円

トッピング

味付玉子:100円
メンマ:100円
辛味噌:100円
ワンタン:100円
チャーシュー:200円

ドリンク

スーパードライ:410円
コーラ:150円
オレンジ:150円
黒烏龍茶:250円
ジンジャーエール:150円

店舗情報

住所

東京都台東区柳橋1-13-4 丹羽ビル 1F

交通手段

都営浅草線 浅草橋駅 徒歩1分

営業時間

11:00~15:00【L.O.14:30】
18:00~22:00【L.O.21:30】

定休日

日曜日

 

ピックアップ記事

ラーメンマニア
東京の人気ラーメン専門メデイアです。
人気のラーメンまとめから。ラーメンに関する知識雑学まで幅広くご紹介します。